NICTロゴマーク

海洋・宇宙ブロードバンド衛星通信ネットワークの基盤技術の研究開発

更新情報
イベント
2017.06.15

ワイヤレステクノロジーパーク2017 開催(2017年5月24~26日)

NICTブース前
NICTブース前

5月24日(水)から26日(金)に、東京ビッグサイトにて、「ワイヤレス・テクノロジー・パーク(WTP)2017」をYRP研究開発推進協会及びYRPアカデミア交流ネットワークと共同で開催しました。 WTPは無線通信技術の研究開発に焦点を当てた国内最大級の専門イベントで、国内外から多数の関連企業や機関が集結し、「展示会」「セミナー」「アカデミアセッション」を通じてワイヤレス分野の最新技術を紹介するとともに、イノベーション創出に向けた交流の場となっています。 WTP2017ではメインテーマ「新時代の価値を創造する ~5G+IoTの挑戦~」のもと、5G(第5世代移動通信システム)、IoT(Internet of Things)、測位・ロケーション技術、ITS (高度道路交通システム)、洋上・海中ワイヤレス、ロボット・ドローン通信、テラヘルツ波技術等をテーマとした展示や講演を通じて各テーマの最新成果を発表しました。

海洋・宇宙ブロードバンド衛星通信ネットワークの基盤技術の研究開発のブース
海洋・宇宙ブロードバンド衛星通信ネットワークの基盤技術の研究開発のブース

この展示会のなかで、「海洋・宇宙ブロードバンド衛星通信ネットワークの基盤技術の研究開発」の成果を活用した衛星搭載中継器に使用されるKa帯フェーズドアレイアンテナとDBF/チャネライザの地上試験モデルや、海洋衛星通信で使用される小型船舶向け地球局を紹介しました。